fatimariaの日記

コメントを書き易くしました。

ラーメン好きは爺専門。

ラーメンを老麺と書く事は説明した。

 

麺はMen(男性達)なので、

 

老Men(ラーメン)とは

老男性達(爺い達)

という事で、

 

ラーメン好きとは

爺専門(じじせん)(しかも複数名の爺)

という事になる。

 

太陽神ラーも爺いになって耄碌した為に、

殺戮マシーンのセクメトを作り出して大量虐殺を行なってしまったらしい。

でも

太陽神ラーはホルスの事だという説もあるけど。よく知らない。

では糞転がしのスカラベが糞(太陽)を天の女神の口に運ぶのは、

糞が隼の神ホルスだという事だろうか?

ラー麺のラーが糞だとすると、

糞麺?

 

爺い(糞)達にまみれて。

糞は有機肥料になる。

 

ところで何歳から爺いなんでしょう?

 

というか私の場合、

自慰行為の回数がラーメン食べた回数より2倍以上多いという事になる。

 

自慰行為(マスターベーション)は、

46年位中39年位やってるので、

約1万回以上は、やってるかも。

ティッシュペーパーも今迄かなり吸って来たな。

マスターベーションしない日とかの方が珍しかったから。

1日に何回ヌけるかとかは、学校や勤務が無い日しか出来なかったから。

 

40代になってやっと衰えて来たのか、

性欲も衰えて来たので、

最近回数が減って来た。

 

 

マラ損の話はおいといて、

天使エロスは

大魔王カーマ(マラ。マーラ)なので、

触地印とは、

大地の女神プリティヴィー(地天)の能力を借りて大魔王軍を全滅させる事が出来る。

幻聴「すごい!」

つまり大地は大魔王軍と性欲を滅ぼせる能力がある。

地震なんて特に。

大魔王とは性欲であるマーラ(カーマ。エロス。)の事。

何故エロスに羽根(翼)があるかと言うと、

大地に触れると性欲が無くなってしまうからだ。

まあ人間はどこでも発情出来るけどね。

エロス自体は飛んでないと消えてしまう。

 

枯れた柳の幹の魔王の娘は、

大魔王の娘ではなく、

魔王(柳。海蛇座。雄の海蛇。ノロ、くじか)の娘なので。

仏陀(水星ブッダは大天使の領域の神ヴィシュヌ。ラファエルは水蛇座。雌の海蛇)

 

天使の領域の天使ガブリエルがアダムクァドモンの男根

地球である王女は天の「王国」。性欲を消せる。

 

マーラ(マラ)がリンガであるシヴァ神であったとしても、

シヴァ神シャクティであるパールヴァティーを寝取られてパールヴァティーにフられちゃったなら、

リンガ(黒い石。リング)は、

性欲を失って、

勃たなくなってしまう。

リンガは結婚指輪(リング)であるヨーニー(女陰。結婚指輪)がゲニウス(男根。指)にはまっているからシャクティシャクティとして機能しているのであって、

パールヴァティー自身がシヴァ神をフったなら、結婚指輪がはまってない状態。

 

元々冷却のヒマラヤ雪の精(雪女)であるパールヴァティーは、

北(北の果て、北極、北欧、北の方角)の、

鼠(水瓶座、海豚座、仔馬座)が合っている。

あるいは須弥山の頂上にいる帝釈天が合っている。

忉利天まで行くとまた灼熱になってしまうので、

地球上ではヒマラヤ雪の精(雪女)はヒマラヤ山脈が1番合っている。

 

シヴァが火の神アグニだったら、冷却のサウミャである昴に化けたスヴァーハーになるしかない。

大紅蓮の様に凍てついた火。

もし大紅蓮(コキュートス)の冷却システムであるパールヴァティーがコキュートスから居なくなれば、

コキュートスの獄は解かれ、

地下のマグマは活動的になり、

ヘーパイストスであるヴァルカン(マグマ、火山。スルト)は活動的になって来る。

冷却で閉じ込められていた七大天魔王の軍も活動し始める。

七大天魔王

太陽と強欲を司る マンモン(富)

月と嫉妬を司る  リヴァイアさん(地獄)

火星と憤怒を司る サタン(殺人の天使サマエル

水星と大食と虚偽を司る ベルゼハブ(蝿と腐敗した死体、悪霊のバアル。バアルは潤いの雨の神で、エルとアシェラ(阿修羅)の子。戦の処女神アナト(アテナ)の兄弟であり恋人。乾燥の冬の神モト(トモ。モーター。)に殺される。モト(トモ)は毎年アナト(アテナ)に惨殺されて、バアルは復活し、冬は終わる。バアルがイシュタル(金星)であるアシェラの子である為、そのイシュタルの黄泉巡りの季節の属性を引き継いだ形となっている。これはペルセポネーも同じ様な神話となっている。ペルセポネーの別名は老婆なので、年齢が老婆になると冬に冥王星ハーデスがさらって行き、春になると芽になって戻って来るというシナリオ。ベルゼハブは糞の王なので大食を司る。糞や死体は有機肥料になる。)

木星と傲慢を司る ルシファー(明けの明星。輝きの天使)

金星と姦淫を司る アスモデウス(ゼウスの罪)

土星と怠惰を司る ベルフェゴール(近親相姦のサキュバスの神バアル・ペオル。裂け目、谷の上と下、格差、差別のバアル)

 

 

私は眠っているときの夢でとんでもない事態を教わったのだ。

コキュートスの冷却システムが無くなる事態なのだ。

須弥山(エベレスト。大地の母)が火山だったら地下はコキュートスでもおかしくないけど、

エベレストは火山ではないので、

地獄はエベレストの地下ではない。

地獄はエベレストよりも南の島の閻浮提(オーストラリアやニュージーランド?それとも東南アジア?)の下にある。

ヒマラヤの雪の冷気でコキュートスを冷却しているシステム自体に無理がある。

 

眠りかけたときの幻聴「そんな事件じゃありませんよっ」

 

ちなみに牡羊座の神話の牡羊座が運ぶ王子王女の母親は雪の精(雪女)らしい。

 

パイナップルの広告、

パインやピン(安全ピンとかのピンは松の葉が語源)が「松」なので、

嫌がらせのつもりなんだろうけど、

私の母方の祖父の氏姓は、

「松井」

だ。

パイナップルジュースとか松井のジュースだよね。

お婆ちゃんは離婚したので

母の旧姓は「春木」

だけど、

母は元々産まれたときは「松井彌生」だったのだ。母の臍の緒の箱に「松井彌生」と書いてある。

松原は松の原なので範囲は広いだろうけど、

松井は松の所に井戸があったのか、

兎に角私にも松井の血が流れているかもなので、

私は松と縁が無い訳でもないかもだ。

 

何故松が気に入らないかと言うと、

高校のときの大阪の代々木ゼミナールの夏期講習のときに、

代々木ゼミナール売店で油絵用の油を買ったのに、

中に入っていたのは「松ヤニ」で、

それを絵の具箱に溢してしまってから、代々木ゼミナール期間中も徳島に帰ってからも、

その絵の具箱を棄てるまで、

松ヤニの臭さで吐きそうになっていた経験があるからだ。

しかし「松の実」は食べ過ぎる位食べる事が出来る位美味しいと思う。

 

 

幻聴「私も有給になるので 皆さんの資料が揃い次第自習にしますよー」

もう春休みじゃねーの?演技だよね?