fatimariaの日記

誰からもコメント無いのでコメント停止しました。連絡はメールで。

トト様とカカ様。

思考化声幻聴「トト様は?」

私「トト様は蒲鉾になった。」

思考化声幻聴「トト様は蒲鉾になった!!」

思考化声幻聴「あずま君のお魚が蒲鉾の臭いがするという話になってて」

 

思考化声幻聴「カカ様は?」

私「カカ様は鰹節。」

思考化声「トト様とカカ様の話があずま君が蒲鉾に鰹節をかけて食べるだけの話になってます〜」

 

私「トト様もカカ様もトト(お魚)様という事に。」

思考化声幻聴「なーるーほーどーー(繰り返し)」

思考化声幻聴「あずま君はカカ様を食べた事は?」

私「たくさんあるよ。猫まんま美味しいしね。」

思考化声幻聴「あずま君口から入った物は…」

私「肛門か尿道口か口あるいは鼻や毛穴から出て行くね。」

私「カカ様も元トト様だったという事は、

カカ様は元男性だったという事に。」

思考化声幻聴「お・か・ま!」

私「男性のトト様と元男性の女性のカカ様が。カカ様はゲイバーのママちゃうか?冗談やけど。本名カツオ。源氏名?さあ?」

思考化声幻聴「なるほど富永みーなでお魚さん 元男性のカツオ君」

思考化声幻聴「なるほどトト様とカカ様が男性ーーー」

私「男だった…か。」

思考化声幻聴「トト様が男だった カカ様も男だった」

幻聴「持っとん?」

私「持っとん?って何が?」

私「鰹節は今家に無い。蒲鉾も今家に無い。鯖の塩焼きとツナのシーチキンならあるけど。練り物あんまり好きではなくて。練り物でも生クリームとかこし餡とかハンバーグとかミートボールとかそういうのは好きだけど。」

雑談。

この間、

アニメ「ふらいんぐうぃっち

を何度も何度も何度も見てたので、

北朝鮮のミサイルが青森県を通過した事を見て驚いた。

そのアニメの舞台は弘前市から青森県相馬の間の下湯口の辺りなので。

弘前城も出て来る。

 

今年の10/4は陰暦の九月九日 重陽節句

私の資料では、

重陽節句は菊の節句なので、

グミと栗御飯を食べ、菊酒を飲む日となっているが、ころもがえで忘れていた。

 

帰り道、私が思考化声幻聴と話していて、

思考化声幻聴「菊の節句スなので pretty小菊を食べちゃう話 いや逆に あずま君のペニスがpretty小菊に食べられちゃう話」

私「この陰毛が目に入らぬか 見て肛門 菊だけに。」

思考化声幻聴「あずま君はパイパンハイジニーナが好みなので陰毛は萎えるかと」

肛門様! 肛門様!

ソフトバンク解約手続き済んだ。

ソフトバンク解約手続き済んだ。

解約日は10/12(水)

信号を止める日は10/13(木)

 

解約にあたって、

ソフトバンクの機械を千葉県市川市に送ってもらう話を10/3に聞いたトコだったので、

10/4に行方不明の女の子の捜索付近で誰か女の子の遺体が見つかった話を聞いて、

ちょっと驚いた。

今日眠っているとき見た夢。

今日眠っているとき見た夢

 

前略(忘れた)

奈良の家の様でいて奈良の家じゃない家の屋根の上から、とうさんが移動しようとした。

そのときとうさんが何か落としたので、

家の屋根から樹脂かプラスティック製の壊れた小屋根の上にソロリと降りて、そこから地面に飛び降りた。

拾ったのか拾ってないのか、

場面は洋風木彫の暖かそうな室内に変わり、

その部屋がホームセンターのDIYの工具のある作業場の様な部屋と繋がっている。

私は赤茶色の大きなゴキブリ?を発見し、追いかけたが、

木彫の部屋の方に逃げて行く。

その部屋にバイキングの小峠がおり、小峠はティッシュで、そのスイカ位大きな赤茶色の

蜘蛛の様に脚の長いゴキブリ?

ゴキブリの脚の蜘蛛?

を挟んで作業場の奥へかかえて持って行こうとしている。

その木彫の部屋と作業場の間にこたつがあり、そこにかあさんが入っていたのだが、

かあさんが小峠の持っている蜘蛛に気付いて悲鳴をあげる。

小峠が私に「(私のかあさんについて)蜘蛛あかんので?」

私「蜘蛛だけに。」

小峠さんは蜘蛛を持って奥へ去って行った。

あとで気付いたが、すいか位大きいその蜘蛛は、毒蜘蛛で、

私「(小峠さん死んだんちゃうかな?素手やったし。)」

とか思った。

私は起きかけて、

場面は見事な夜景に切り替わり、夜景を映しているレンズが雨で濡れて夜景が崩れて行く。

そこで目が覚めた。

 

 

夢の中の蜘蛛は妖しい女性の他に、オナニーのあとの罪悪感と倦怠感を表すという。

しかし今回の小峠さんの持って行った蜘蛛は不快で不潔なゴキブリ毒蜘蛛。

ひょっとしてカツラにするんじゃ…?

ソフトバンク解約手続きの電話をしたが、

auの電話回線が繋がったので、

早速KDDIに電話して電話番号が家の電話番号に切り替わっているか確認した。

ソフトバンクからauKDDIに切り替わっていた。

 

なのでソフトバンクに解約の手続きの電話をしたが、

KDDIの電話回線の工事が今日終わったらしく、

10/3までソフトバンクの側が切り替えに時間がかかるとの事だ。

 

何故

8/20にauに手続きしているのに、

9/30の今日工事しているのか、考えた。

auのおかしな悪そうな雰囲気の対応を考えると、

ソフトバンクKDDIが手を組んで、

 

今M2のソフトバンクホークスが優勝するまで私にソフトバンク解約させないつもりなのかも。

そんな事したって、

クライマックスシリーズで最下位や2位になれば、日本シリーズには行けないけどね。

しかも今年でもう優勝は終わりなのだし。

 

ソフトバンクは潰れるだろうし。

ソフトバンクが倒産するのが早いか少し遅れるかだけの話なんだから。

 

多分ローミングソフトバンクと私との関わりを残して日本の軍事力を残しておきたいのかもだけど、

ソフトバンク無くても、

auが既にマルスの母なのだから、ソフトバンク潰れて問題ないんだよ。

au(金)さえ手に入れれば、柔の「銀行」なんて要らないよ。

阿波銀行にはお金を預けてあるけどね。だいたい札。

銀行よりお金の方が大事。

 

「銀行ってのは手続きでお金をかすめ取る機関」

 

なんだから。

お金を安全に保管しておきますよという保管料を手続き料として取っている。

でもソフトバンクはお金を取るだけの銀行。

みんな、お金を取られてるんだよ?

気付いてないの?

彼女居ない歴30周年。

昨日、彼女居ない歴30周年になった。

30年浮いた話も音沙汰も無く暮らして来た私。

 

30年前、17歳の高校3年生の夏休み明けの9月29日、

彼女だった土井真由美ちゃんに呼び出され、

行ってみると別れの手紙を渡された。

他に好きなひとができたという様な内容だった。

私の欠点については特に書いてはいなかった様に思う。

もし書いてあったら私はそれがトラウマになってコンプレックスになっていただろう。

しかし他の男に彼女とられた事は、

私の男性恐怖症を悪化させた。

 

土井ちゃんにそれまでやって来た事を考えるとフられて当たり前なのだが、

大阪芸術大学受験前のデリケートなときだった。

当然大阪芸大は落ちた。

その芸大受験から朝とうさんに高速道路に乗って送られて徳島に帰って来た日かその前の日に、

私の作品が県展の特選の特別賞という発表がされたらしく、

とうさんに石井町の学校付近まで送られたその足で名西高校に登校し、

教室に入ると

クラスメイト達「おめでとう」「あずま君おめでとう」

私「え?何が?」

あのコンディションで芸大受かる訳無いし、昨日の今日で受験結果わかる訳無いし、

みんなが何を言っているかわからなかった。

 

受賞によって専門学校にも入学出来たし、

受賞は私を大いに慰めてくれた。

 

しかし私はその作品を仕上げるに当たって、

ひとの目線が気になって仕方なかったので、

油絵科の教室のみんなを

私の雰囲気だけで追い出して

ひとり黙々と描いていたので、

そのやり方がよくなかったので、

私「あの描き方は…。」と、

そのときは素直に喜べなかった。

イビルアイが発動し始めていたのだ。

他の科の後輩が私に、

「あずまさん、油絵室に誰も入って来て欲しくないって思ってるんじゃないですか?」

と、はっきり口に出して私の雰囲気の心を説明した事があった。

私はゴニョゴニョ言ったが、

 

私は油絵教室を独り占めしたかった訳ではなく、

私は彼女にフられて自閉の、視線恐怖症、ひと恐怖症になっていた。

誰とも目を合わせたくなかった。

ひとを感じたくなかった。

他の油絵科の学生に描かせないのが目的ではなく、

私は油絵仕上げないといけないけどひととは会いたくなかっただけ。

それから30年。

男性恐怖症はまだ治っていない。

 

2022年9月29日の西から北の空

西

f:id:fatimaria:20220930074055j:image

北西

f:id:fatimaria:20220930074105j:image

f:id:fatimaria:20220930074114j:image

 

先月曜日の天使の階段

f:id:fatimaria:20220930074519j:image