fatimariaの日記

誰からもコメント無いのでコメント停止しました。連絡はメールで。

雑談。

貯金無くなったので、

あまり買い物出来ない。

 

お金の流通は暫くストップだね。

 

 

食べたパンの行く先は大体がトイレからの汚物タンク。

キリストの体であるソーマと、

キリストの命であるキリストの血である葡萄による液体も同じ事。

キリスト教圏の様々なトイレに、

キリストの体であるソーマやキリストの血とが垂れ落とされた訳ですな。

今でも聖体拝領(聖餐式)の儀式はある訳で。

 

キリスト「口から入る物は厠に落ちるだけである。」

キリスト「私の体を食べ、私の血を飲まなければ 永遠の命に入る事は出来ない。」

男性のキリストと永遠の命と、どっちが大事なのでしょう?

ただ、プシュケーは息なので、

息を地獄で滅ぼされるなら、

呼吸する事はもう無くなる。

 

日光が父なる神の恩寵にたとえられた為に、

地面から下や屋内、夜の、

日光が注がれない場所には、

父なる神の恩寵が届かないと考えられて来た。

父なる神がアダムなら、

父なる神の支配する間は日中のみなので、

夜の間はリリスエヴァ。ライラ。雌)が支配する。

私の職場を考えてみよう。

地下が詰所。

私の活動する時間帯を考えてみよう。

幻聴「東君は濡れた傘」

ああ、

父なる神の恩寵は、雨にも例えられるので、

日光が当たるか当たらないかが神の恩寵とする考え方はおかしいって事だね。

キリストがこの日光と雨のたとえで我々に言いたかった事は、

「自然の森羅万象は神の恩寵」だという事を言いたかったんだと思うよ。

誰かだけに、特別な訳ではないという事を伝えたかったんだと思うけど、

幻聴「おのれ!」

濡れた傘よりも、大地や海の方が雨と日光を受けた量も回数も多い。

 

 

エロい画像をiPhoneにアップしたあと、

気が付いたら、右乳首の上辺りに出来物が出来てる。

あと乳首をいじられてる様な感触がある。

誰か私を触ってるな?

 

 

このブログの広告、男性ばっかり。

不快がらせとしか思えない。

 

 

また6月の結婚を逃したけど、

6月の結婚は

「閑古鳥」が鳴く事になるので、

幻聴「2mぐらいにまで下がっちゃうんです」

商業関係などは、閑古鳥になってしまうと、

寄る者が居なくなるんだよね。

ウトウト時幻聴「自分で〜して自分で掃除したらええんで(したらいいじゃないか)」

幻聴「ちょっとずつ出来る」