fatimariaの日記

コメントを書き易くしました。

茶の木。

茶の木は、

カメリア(椿。ツバキ。つばき)科の木。

みんなが飲んでいる

「お茶(緑茶)」や「紅茶」などの茶は、

椿科なのだ。

 

漫画「三国志」1巻にも出て来るけど、

お茶は昔は薬として高価な品だった。

今では数十円で小さいペットボトルが買えるけど。

 

鷹は武士の好きな鷹狩りの鷹。

鷹派は好戦的だけど、

好戦的だと数百年も江戸幕府は保っていない。

鷹狩り。

鷹を狩る。

それも幕府のして来た事。

幕府を倒した明治政府は富国強兵で強くなり戦争したけど、

昭和政府は敗戦。

今は令和なのだ。

 

初夢は一富士二鷹三茄子

でも藍住町に住んでると富士山どころか山に馴染みが無い。

 

トンビは頻繁に見るけど鷹を見た事がない。

 

茄子はどこのスーパーでもだいたい売ってる。

 

どっちかと言うと藍住は

南側の青海苔の養殖の吉野川

東北側の鴨や亀や鷺の居るゆめタウン裏の正法寺川の方が馴染みがあるかな。

あと藍住町の人参(キャロット)。

 

鳴門は蓮根と、鯛や和布など海産物とかコウノトリとか大谷焼きとかだけど。

 

carrot(キャロット)

人参。報酬。励みになるもの。赤毛の。

孫悟空カカロット)が黒髪や金髪なのはおかしい。人参だったら赤毛でないと。

 

赤毛のアンの翻訳をした女性を題材にしたNHKの朝ドラがあったね。

鼻毛のアン

髭のアン

脇毛のアン

脛毛のアン

とか かあさんに言ったら、

かあさん「そんなタイトルでひとに見てもらえるか!」

って言ってたけど、男の子は嘲笑いながら読むと思う。

そういう本じゃなかったね。読んだ事無いけど。

 

私は

トムソーヤの冒険とか赤毛のアンとか家なき子とか小公女とか、

そういう子供が読みそうな本を読んでおらず、

 

私が小学生のときに読んでた

ギリシャローマ神話

怪人二十面相と少年探偵団シリーズ(小学校図書室にあったのを読んでた)

映画「グレムリン」の小説(あーそれで…)

 

雑誌

ファミコン通信を立ち読み。

毎月「小学◯年生」と「学研」を買って貰って読んでいた。

週刊少年ジャンプを借りて読む。

お目当ては

低学年のとき

スキャンドール

ドラゴンボール

ついでにとんちんかん

ハイスクール奇面組

6年生辺りに?聖闘士星矢

中学生からはジョジョの奇妙な冒険も。

 

漫画の単行本は、

シティーハンター

タッチ

みゆき

風魔の小次郎

男坂

聖闘士星矢(1、2、3巻は人気あり過ぎて品切れで買えなくて第2刷発行以降だった。4巻位から新品買い出した。)

ドラゴンボールは中学生になってから中古で揃えて、あとは新品を買っていた。

バオー来訪者

魔少年ビーティー

ついでにとんちんかん

死神君

孔雀王

 

あとは自分の部屋でおもちゃと空想で遊んでました。

ファミコンがまだ無い頃は四角だけのLEGOとか。

 

 

子供の頃に読んだエロい少年漫画

 

多分私が4歳位?(1970年代〜1980年代)のとき、

雑誌「てれびくん」に掲載されていた漫画で、

男女数名とも素っ裸で明るくターザンの様に蔦に掴まって移動するシーンを覚えているけど、

漫画名と制作者名は知らない。

多分私のエロ漫画読みの原点。

その漫画をまた読めないか色々調べてみて、

永井豪さんの「女ターザン」を買ってみたが、

内容が暗く、これではないなと気付いた。

未だにその漫画名がわからない。

 

奈良県の家に置かれていた

月刊マガジン一冊と、他一冊の漫画雑誌で、

「パラダイス学園(川原正敏)」

4話 幻のコンテストの巻

ミスパラダイスパンティを選出する回。

そのとき読んだのは、

「Oh!透明人間」

やるっきゃ騎士(ナイト)」

ヒロインが絆創膏で乳首と股間を前貼りして男子学生とプロレスしてたら汗で絆創膏が取れて、

素っ裸でも男子学生を痛めつけていたら、

男子学生達は大きな鏡を用意して羞恥心を煽り、

ヒロインは動けなくなったシーンを覚えている。

他もうひとつ漫画があった。

男子学生がエロ目的で保健室の保険医に変装しているときに、男女がからまって保健室の聴診器の真ん中に乳首がすっぽり挟まって、その乳首の先をウインクで愛撫するという内容があった。

眠ってる女子学生の背中からお尻にかけてパチンコ玉を転がして、落ちそうになるパチンコ玉を息で吹いて戻していると女子学生が起きそうになって…。とかいう内容もあった。

 

何故そんな漫画雑誌がうちにあったかは、

私の中学生のときの家庭教師がまだ大学生のとき奈良県のうちの家に下宿してたので置きっぱなしになっていたか、

兄貴が買ってそのままになっていたか、

とうさんが買ったか(多分ありえない。)。