fatimariaの日記

誰からもコメント無いのでコメント停止しました。連絡はメールで。

YHWH、イェホバ、エホバ、アダム、アドナイ、アドニス。

先にオズの魔法使いとドロシーについて。

 

ドラクエウォークでテスに設定しているドロシーが、オズの魔法使いのヒロインの名前だとは知らなかった。

 

オズの魔法使いでは、

東の悪い魔女はまずドロシーの家で潰され(たはずなのに家が別の場所にあるのはどうして?多分「家」がBで水星だからだろう。)、

北と南の良い魔女がドロシーを助け、

西の悪い魔女はドロシーがかけたバケツの水で溶ける。

エメラルド王国のオズの魔法使いは魔法使いではなく魔法使いをかたっていた老齢の詐欺師で、

オズの魔法使いをスクリーンに映していただけだった。

詐欺がバレたので、ドロシー達に正直に説明した。

ドロシーのはいている東の悪い魔女の銀の靴が、

ドロシーを帰りたかった家に帰してくれる。

 

つまり「オズの魔法使い」の作品内のオズの魔法使いは作品内でも架空の魔法使いなので、

ドロシーとも何も無かったし。

 

ドラクエウォークで

ドロシーが魔法使いの名前として出て来るのは、

オズ(オーディーン)の魔法使いの作品のヒロインであるからで、

その魔法使いの能力は、はっきりとルーンによる、水星の能力。

つまりルーン文字が魔力の源かも。

ルーン文字が魔法陣になっているのだ。

 

じゃあドラクエウォークの魔法が護符や詠唱やサイン無しで発動するのは、

体内にルーン文字の書かれた魔道器があるのかも。

 

ひとによっては指紋や眼紋が魔法陣になってるひともいる訳で。

 

でもルーン文字の能力は、ラグナロックまで。

なので、

相殺する神々の神話「神々の黄昏」には、

オズ(オーディーン。水星)が亡くなる事も書いてある。

 

で、

ドロシーが、

ドール(人形)で、

ドロテア(ドロシー)は、

テア(女神の単数形)のドロ(贈り物。人形)

という名前である事は説明した。

 

ドロシーは、

女神の人形(偶像)(女神像)

 

であるので、

市販されている石膏像やフィギュアやブロンズ像などなど、

女神像は全部ドロシー。

 

では女神の像ではないフィギュアや像などはどうなるのか。

どうなるんでしょう?

ちなみに、シー(妖精)のフィギュアも持ってるけど、

それはドロシーになるよね。スペル(綴り)は異なるけど。

 

マリアはYHWHの贈り物(苦さ。苦しみ)という名前なので、

贈り物(ドール)でもある。

 

 

YHWH、イェホバ、エホバ、アダム、アドナイ、アドニス

 

イェホバ・エロヒームは、「復讐は私がする」と言っている事から、

イェホバ・エロヒームは、復讐の神、復讐の女神であるという事も考えられる。

 

復讐の女神ネメシスは、ストーキングして攻撃し続けるストーカー女神なので、

 

好きな相手より復讐する相手の方が大事なのか?

という様なベクトルになっている。

 

復讐の女神が

私の他へ復讐したいなら、

私よりも復讐する相手の方にずっと傍に居る訳なので、

私よりも復讐する相手の方が好きなのかな?

と思う訳さ。

 

私はいつも自分の傍に居る女性の方が好きになるので、

 

思考化声幻聴が、1番私に好かれ易い訳さ。

 

 

イェホバ・エロヒームあるいは

聖別のかんけいで、

エホバ・エロヒーム

は、

YHWHとアダムであるアドナイ(アドニス)とくっついちゃってる名前。

ちなみに

ヤハウェというのが、YHWHとアダム(の母音と。つまりアダム。ADM)とくっついちゃってる名前。

 

ちなみにYHWHにあずま(AZM。私の洗礼名:あづま。ADM)の母音をくっつけると

Yahuwah

ヤフヴァーになります。

 

既に神が引き合わせた者を、

人(アダム)ははなしてはならない。

ので、

私が思考化声幻聴のメンバーとくっついちゃってるなら、

もしアダム(人)がヤハウェやイェホバやエホバであるなら、

離せません。

不可能。

私には不本意だけど、くっついちゃってるのを私にも離せない。

境界線に溝があるなら、離せるだろうけど、

例えばベトちゃんドクちゃんみたいな状態だったら、

切り離す手術をして、どちらかが無い部分が出来る訳になる。

 

私の場合、思考化声は、私の心を「朗読しているだけ」なのかもなので、

くっついちゃって無い可能性もある。

しかし私の身体の摩擦が音声になってるパタリロ擬きの幻聴は、

私の身体(や周辺)の摩擦音になってる可能性もある。

 

何故カソリックでは離婚がゆるされてないのかと言うと、

一度でも結婚に踏み切ったという事実が、

神が引き合わせたという事実であって、

男女の合意無しに結婚も離婚も出来ないのであれば、

人(夫側)が離せないのであれば、

離婚は成立させる事は出来ない。

夫がカソリックであれば離婚は出来ないが、

夫がカソリックでないなら離婚は出来るという事になるけど、

カソリックでなくても、

キリスト教が、結婚について

神(人)が引き合わせた者を、人(男性)は離せないので、

離婚に合意が無いので、

離婚は成立出来ない。

 

私の場合、

誰とくっついちゃってるんだろうね?

それとも物質界ではまだ童貞なので、

誰ともくっついてないのかな?

それとも、

ラブドールのケリー(キアラ。クララ。クラリス)とはまぐわってるから、

ラブドールのケリーとくっついちゃってるのかな?

しかし送られてきたラブドールはケリータイプとは異なるヘッド(頭)なので、ケリータイプであるとは限らず、

名前やタイプ(種族)名まではもうわからない。

ラブドールではある。

 

アイドル側に調和せず反発するのはキリスト側なので、

不調和。

キリスト側に調和せず反発するのはアイドル側なので、

不調和。

 

私が、

人間のアイドルに全く興味がなく、

フィギュアやドールやぬいぐるみや絵には興味深々なのは、何か意味があるのかも。

私は無表情なのは人間だろうがフィギュアやドールやぬいぐるみや絵だろうが、

魅力を感じない。

無表情では私の心が動かないのだ。

私は無表情な人間には無慈悲に対応する。

でも勤務先では、どんな表情の同僚であっても普通に挨拶する。

それはまるで機械が反応するかの様だ。

しかし考え事をしていて挨拶を忘れる事はよくあった。

相手が誰であってもだ。

 

私にとっては、

誰ひとりとして、

大事なひとや大切なひとだとは

まだ思えないので、

既に出会ってるひとが大事になる、大切になる可能性があったとしても、

現段階では誰ひとり大事でも大切でもないので、

幻聴は揺さぶりをかける為の材料を履き違えている。

かあさんは、

私が東京で断食自殺企図してるときにも来なかった。

私が家出して見つかったときにも迎えに来なかった。

私が入院して命が危ういときにも来なかった。

なので、

私はかあさんを信用していないし、

私はかあさんが好きではない。むしろ私はかあさんが邪魔だったから癌で消えてもらったのだ。

他のやつもそうなるだろう。

でもかあさんの永代供養が済んだときに、

かあさん「かあさんはもう心配無いよ。」

と幻聴が聞こえたのは信用している。

かあさんはもう心配無いよ。 というのは、

かあさんにもう心を配る必要が無いよ。 という意味なので、

私に出来る、1番の子孝行な言葉だったので信用に足る。

なのでもう「かあさん」という言葉に一々苛々もして来なかったけど、「かあさん」という言葉に一々関わる必要が無い事は嬉しくおもっている。

 

 

復活のときには嫁ぐ事も娶る事もない。

 

キリスト教徒に永遠の誓いなど意味の無い事。

 

離してはならない

 

というキリストの言葉に基いて男性側が離さないでいても、

復活のときには嫁ぐ事も娶る事も無い。

 

私が思考化声幻聴とくっついちゃってるのを解除出来るとすれば、

物質界で私と誰か女性が結婚出来るなら、

解除出来るのかも。

もしくはその女性も更にくっついちゃうだけかも。

 

私がくっついちゃってるのを解除出来るなら、

離婚は可能だけど、

私がくっついちゃってるのを解除出来ないなら、

離婚は事実上不可能という事になる。

 

それだと、

離婚したい側は、私と思考化声を離す事を願うだろうし、

離婚したくない側は、私と思考化声を離さない様に願うだろうし。

 

もし両方側が居たなら、

願いなさい。そうすれば叶うだろう。

というキリストの言葉に基づいて、

離婚したくないひとは離婚しないけど、

離婚したいひとは離婚出来る。

という事に。

その2種類が夫婦であった場合に矛盾が生じる訳で。

 

そして、

私は何度も何度も幻聴がもう聞こえない様になってほしいと、願ったはずなのに、

願いは叶えられていない。

それがキリストの能力です。

 

願いなさい。そうすれば叶うだろう。

と言ったキリストは、

「わたしは(仮庵の)祭りには行かない。」と言っていたのに、

(仮庵の)祭りに行っていたキリストなのだ。

 

神が引き合わせたものを人は離してはならない。

と言ったキリストは、

「わたしは(仮庵の)祭りには行かない。」と

言っていたのに、

(仮庵の)祭りに行っていたキリストなのだ。

 

キリストは嘘つきなのでその言葉は信用は出来ない。

 

なので、

したければ離婚すればいいのだ。

 

しかし、私の様に、

事実上思考化声が離れていない人間が居るという事に気付いた上で、慎重に結婚すべきだと思う。

でも慎重だと婚期を逃すのがセオリーだ。

 

事実上離れないのであれば、

離婚したいとどんなに願っても、キリストの言葉は嘘が一回でもあった為に、

全部信用出来なくなっている。

 

しかし事実上離れないのであれば、

事実を受け容れざるを得ない。

 

私はそのときどきの状態をそのまま伝えていても、

伝言ゲームは滅茶苦茶なミュータントなコピーミスなのだ。