fatimariaの日記

コメントを書き易くしました。

久しぶりのラフ画。(1番下表示)

昨日、イラン、アメリカニュースもあったあと何時間も経ってから、

普段絵を描いている既婚のカートの職員さんに、

放置少女のアプリを見せて、声を聞かせて見ると、

何故かその女性はさげすむ様な表情と声になってきて、

多分居心地悪かったんだと思うけど、

その女性はトレーディングカードやジグソーパズルなんかの絵をプロとして描いていて、

私なんかがそのひとの作品について言える様なひとでは無いのだけど、

私の描いた18禁の絵を見たいって言ってたのに、

放置少女の内容はあかんかったらしい。

水着みたいな服の半裸だったしね。

多分そういうアプリをプレイしている男の姿をやっぱり受け入れ難い感じだったのだろう。


私は童貞なので、女性がどう思うかとかあんまりわからないけど、

確かに、絵と音声に萌えの話されると、女性としては、

キモい

と思うのかも。


ま、私がモテないのもそういう部分もあるのかもね。

モテない男性は何故もてないかについての自覚が無いひともいるので、私もその類なのかも。


でも異性から同性の声を聞かされて同性の絵を見せられて、

いい感じとか言われてもヒクよね。


まあでもそういう男どもがいるから、そういう絵が売れる訳で、

でも同僚のそのひとの絵がいいと言うひともいるだろうから、

私はこういう絵が売れてるからこういう絵にした方がいいよとも言っておらず、

見たところ、いろんな色を使っている色使いが

基調の色と、その中で調和する色使いでは無く、

ただ虹色の全部の色を使っていて、

デッサン力はある程度あるみたいだけど、

色の分配の黄金比のバランスもあまりなかったので、

その点を直したらいいんじゃないかと思っただけだった。

それとどちらかと言うと油絵調で、半透明処理をほとんど使ってなかった。



何故植松被告がそんな行動をしたのか

とか言っていたが、

NHKのニュース防災に載ってたけど、

学生のときに脱法ドラッグ大麻

とかで、

麻薬で頭の構造が壊れてしまっているから

考え方がおかしい訳で、


たとえば私が放置少女の画像を見せて、音声聴かせた事は、

健常者の女性から見ると少し異様なアプリの内容である事に、その反応で、その女性も私も気付いた訳で、

私も統合失調症で頭の中が壊れているという事には健常者の反応ではじめて気付くのだと気付いたのだ。


そしてその反応は、どう見てもどう聞いても、私には好ましくない反応だったのだ。


私の絵のスキルは

「男性向け」

「男性を虜にする女性の研究」

に特化し過ぎてしまっているのだ。

それでは私が女性や健常者は得られない。

私にとって身になる、

私の正常な精神の"ためになる"事

をもっとこれから開発していかないと、

男しか喜ばせられない。

男性として同性愛者でも無いのに。

私は女性が喜ぶ顔が見たいのに、

全く逆方向に進んでいるのだ。

それに気付くいい機会にはなった。

有難う。


その同僚に刺激を受けて、

1から絵を描いてみた。

いつもは紙面の凸凹を見て、

見える姿をそのまま描くという方法で描いていたのだが、

きれいな姿が見えなかったので、

頭にイメージしないまま女性を描いてみた。

あかん。


人体としてのフォルムもきちんと描けていない、

髪の毛の艶も出せていない、

服のデザインも描いている途中に閃くかと思ったけど何も出てこない、

手も後ろに隠していて、前に出す事をイメージ出来ない、

服のヒダも立体として明確にイメージ出来ていない。


横顔を描いてみた。

今度はまずある程度のイメージを軽く描くときのいつもの様に描くと、あまり迷いも無くある程度かわいくは描けた。

ラフ画だけどね。


でも絵柄が漫画調というかアニメ調というか、

人体のフォルム重視ではなかった。

私は子供の頃から静物画のデッサンばかりやってきて、

ひとのデッサンもほとんどしてないし、

ヘアヌード写真集も一冊も持っていない。

やっぱり「絵を見て絵を描いてきている」ので、

実在する人間の資料が少な過ぎるのだ。


芸能界にも、アイドルにも、写真集にも、

全く興味を持って来なかったので、

人間にも興味がないのかもだ。

私は絵しか見ていない。

写真への興味を失っている。


私は学生の頃も写真を見ないと絵を起こせなかった。

今は扇情的な絵に興味を奪われ過ぎているので、

風景とか草花とか人物や動物など、

自然に実在する者への興味を失っている。


多分結婚して子供も出来たら、

女性への興味もある程度満足して、

他の事への興味に向いて行くと思うけど、


この足踏み状態が17歳から44歳まで27年も続いている様だ。


早い話が処女とセックスしてその人と結婚したいけどそういう状況にいつまで待ってもならないので、

足踏みして正常な絵やブログを書けないという状況なのだ。



横顔の絵をもう少し描いてみた。

背景を描いた。

しかし、はっきりと精神病だと気付ける抽象画の背景になってしまい、

背景をイメージする能力よりも、

病気の症状が取り巻いている現状の方に気が行っている状態を、

はっきりと描き出していた。


こんなに描けるのに何故描かないんですか?

って聞かれて、

いつも私が「今は描けない。」と言うのは、

この、絵が絵の対象の状況を如実に表してしまうという事に気付いていて、

いつもこのドロドロとしたストレスフルな状況を描き出してしまうからなのだ。


自分の今のその状態なんだから、そのまま描けばいいじゃないですか。

と言うひともいるかもだけど、

それでは売り物の絵には出来ないと思う。

私も描いていて楽しくはならないと思う。

そんな絵を大量生産したとして、

私になんのいい状態への変化をもたらすだろうか?


私はいったい自分の絵と他にんの絵に何を求めているのか…。


自分の絵では、女性は笑顔でいて欲しいのだ。

それは出来てはいるのだが、

周りの状況がそんな異常な絵なのに女性は微笑んでいる状況(私の状況)は、

やっぱりもっと正常で健全に変えないといけない状況なのだ。


この絵を描いているとき何度も幻聴に「遅い」と言われたが、

こんな絵に1時間半もかかっている。


この絵では商業芸術の企業ではOK出ない。

完成度も緻密さも髪の毛の立体としての説明も、身体をきちんと描く技術も、

何も今のレベルでは出来てない。


アダルトの絵はあるけど、

今のアダルトソフトなどの技術を考えると、動画や色塗りの技術は、私が描くより遥かにレベルが高くて、

そういうのに目が慣れて目が肥えていると、


自分の絵を色塗る時間よりも他のひとの絵を見た方が早いのだ。

幻聴「そうですー」


でもたいてい他のひとの絵は、

私の文句ではどこかは的を外している。

いつも不満なのだ。


久しぶりのラフ画

f:id:fatimaria:20200109012815j:plain


ピュグマリオーンの話も、

マリオネットの話も、

私がマリアである事から来ている。


何故ダッチワイフが和蘭人の妻と蔑視されるかについても、オランダが和「蘭」と書くからだろう。


今はラブドールと言うけどね。